感染症治療薬の情報センター

感染症とは、寄生虫、細菌、真菌、ウイルス、異常プリオン等の病原体の感染により、「宿主」に生じる望まれざる反応(病気)の総称です。感染は、病原体が人間の体内に侵入、定着し、増殖することで成立します。感染しても、症状が現れる場合(顕性感染)と、はっきりとした症状が現れない場合(不顕性感染)があります。

感染症の治療方法には、薬剤を投与する、抗体を投与する、サイトカインを投与する、対症療法があります。微生物の種類によって用いる薬剤が異なります。大きく分けると、抗ウイルス剤、抗細菌剤、抗真菌剤となります。

感染症治療薬とは、感染症を引き起こす原因となっている細菌や真菌、寄生虫を死滅させたり、ウィルスの増殖を抑制することにより、病気の治療を行う薬のことを指します。治療対象となる感染症に関する病気には、かぜ、インフルエンザ、尿路感染症、水疱瘡や帯状疱疹、水虫、マラリア等があります。

細菌感染症を発症したとしても、感染した細菌を自分の免疫で排除できる可能性が高い時は、必ずしも感染症治療薬を使用するとは限りません。麻しんなどウイルスによって引き起こされる感染症には抗菌薬は有効ではありません。また、蟯虫などの寄生虫が原因となる感染症には他の薬が必要となります。

そして、細菌感染の多くは、自己の免疫力で治癒することが出来ます。肺炎、髄膜炎、敗血症などの重篤な細菌感染症の発症時、または発症が危惧される時に感染症治療薬が使用されます。

感染症治療薬の代表としてのお薬をご紹介します。ウイルス感染に対する免疫反応を強化する抗ウイルス薬もあります。このような薬剤としては、数種類のインターフェロン、免疫グロブリン、ワクチンなどがあります。

ツルバダとは、エイズ(HIV)ウィルスの増殖を抑制するためのお薬です。エイズ(後天性免疫不全症候群)の治療に利用されています。本剤の主成分は、エムトリシタビンと、テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩で、2つの成分の配合錠になっています。エイズウィルスのRNAをDNAへ逆転写する酵素の働きをブロックする作用があります。適応症はHIV-1感染症です。

アイラックスは抗ウイルス剤で、単純ヘルペスウイルス、帯状疱疹(たいじょうほうしん)ウイルスに効果のある薬です。アシクロビル製剤は、内服剤と軟膏があり、ヘルペス群ウイルスに強力な効果があります。単純疱疹(性器へルペス、口内炎、口唇ヘルペスなど)の治療のほか、薬によっては帯状疱疹や水ぼうそう)の治療にも用いられます。また、眼軟膏は、単純ヘルペスウイルスの感染による角膜炎の治療に用いられます。

感染症と同じ悩みを解消方法:バイアグラの効果持続時間知りたいなら