性感染症、ご注意!

「STD(性病・性感染症)」とは、性行為により感染する病気のことです。症状を感じにくいものもあるため、感染して気づかないでいると、知らない間に体がむしばまれていきます。STDは感染症の一種です。感染症は、細菌、ウイルスなどの病原体が体内に侵入し、増えることで引き起こされる病気のことです。

STD(性病・性感染症)は、感染している人との性行為により感染します。病原菌を含む精液、腟分泌液、血液などが、口や性器の粘膜、皮膚などに接触することで感染がおこります。性行為以外の日常生活においては通常感染しません。また、「感染する」ものであり、自然発生することはありません。

STD(性病・性感染症)はいろいろな種類があります。

淋菌感染症

男性に多いSTD(性病)です。1回のセックスでの感染率は約30%と言われています。治療せずに放っておくと、女性では不妊症や子宮外妊娠の原因となります。あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、オーラルセックス)で感染します。

主な症状
・尿道からの分泌物(うみ)
・激しい痛みの排尿痛
・尿道のかゆみや不快感
・精巣上体の腫れ
・発熱や激しい痛み

クラミジア感染症

現在、最も患者数の多い性感染症で、細菌の一種であるクラミジア・トラコマティスによって感染します。女性では子宮頚管と卵管、男性では尿道に炎症を起こし、適切な治療を受けずに放置していると不妊や子宮外妊娠の原因となります。また、分娩時に産道を介して赤ちゃんに感染するリスクもあり、その場合は新生児肺炎や結膜炎を起こしたりします

性器ヘルペス感染症

性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス(herpes simplex virus:HSV)に感染することによって引き起こされる性行為感染症です。ヘルペスウイルスは感染力が非常に強いウイルスです。感染者の口や陰部などの粘膜や皮膚にあらわれた湿疹、体液などを通して感染します。ヘルペスウイルスは感染力が非常に強いものの、いざ感染してもすぐには症状が出ないことがあります。

梅毒

梅毒はひと昔前は恐ろしいSTD(性病)として有名です。梅毒に感染し病変部分があると、HIV(エイズウイルス)などにも感染しやすくなります。男女ともに症状は同じで、4期に分かれます。

● 痛みのないしこりができる
● 痛みのないリンパ節のはれ
● ピンク色の円形のあざ
● 赤茶色の盛り上がったブツブツ
● 脱毛症状
● しこりができる
● 心臓、血管、神経、目などに重い障害が出ます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です