性感染症になる場合、性感染症治療薬を利用することは必要である

性感染症の種類
性感染症とは、性的接触によって感染する病気ですが、STDとも呼ばれています。性的な接触の他には、特殊な状況での感染もあると言われています。性感染症の種類というと、主に梅毒、エイズ、淋菌感染症、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、ケジラミ症などの病気があります。

性感染症治療薬
性感染症になる初期、症状が軽くて、目立つ症状が現れてくる場合、悪化する可能性が高いですから、性病の感染が発覚した場合、速やかに治療を始める必要があります。性感染症治療は通常の病気の頭痛や風邪をひいて熱を出した等と違い非常にプライベートでデリケートな病気なので、恥ずかしい、人に知られたくない等の理由で治療しないでそのままにして、人にうつしてしまうなどの問題も出てきています。更に放置することで重篤な病気になってしまいます。

通常、性感染症は自然に治ることがあまりできませんが、性感染症治療薬を利用することは必要です。性感染症の種類や症状によって性感染症治療薬はさまざまです。まとめて言えば、抗菌剤&抗生物質、抗ウイルス剤、抗真菌剤などの種類があります。抗菌剤&抗生物質はおもに淋病やクラミジア、その他の細菌感染症によく用いられています。抗ウイルス剤は性器・口唇のヘルペス症にするものや、尖圭コンジロームに使用するものという二種類があります。抗真菌剤はカンジタ膣炎や股部白癬(いんきんたむし)によく使われています。