感染症とは?

感染症とは「うつる病気」の総称です。感染症とは、環境中[大気、水、土壌、動物(人も含む)など]に存在する病原性の微生物が、人の体内に侵入することで引き起こす疾患です。「人から人」へだけでなく、動物や虫、食べ物や水から人の体内に入ってくることもあります。

私たちの身の回りには、常に目に見えない多くの微生物(細菌、ウイルス、真菌(カビ、酵母等)が存在しています。その中で、感染症を引き起こす微生物を病原体といいます。また、回虫や蟯虫(ギョウ虫)のような寄生虫によって起こる寄生虫症も感染症の1つです。

微生物が体内に侵入し、そこで繁殖(はんしょく)したためにおこる病気を感染症といいます。原因は微生物で、ウイルスや細菌のほか、真菌、寄生虫などたくさんあります。病原体に感染した人(感染者)・動物・昆虫や、病原体で汚染された物や食品が感染源となります。具体的には、感染者や感染動物などからの排泄物・嘔吐物・血液・体液など、保菌者(キャリア)や感染動物が触れた物や食品などです。

感染源を隔離したり消毒することなどが、有効な対策方法です。感染症の多くは伝染する危険があるので、周囲の人にうつさない配慮が必要です。

感染が起こるには、感染源から病原体が人間に侵入しなければなりません。そのため、感染経路の遮断は、重要な対策の1つとなります。日常生活において、注意すべき主な感染経路としては、接触(経口)感染、飛沫感染、空気感染(飛沫核感染)の3つが挙げられます。